スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

當麻寺練供養(聖衆来迎練供養会式)と恵信僧都(源信)

2017年5月14日撮影

今回のテーマは「地獄と極楽」について書き留めておこうと思います。
地獄の反対語は「極楽」・・・ではありません。地獄の反対語は「天上界」です。

なぜならば、仏教では、六道(地獄界・餓鬼界・畜生界・修羅界・人間界・天上界)の六つの世界があり、人間界の一つ上が「天上界」であり。一番下が「地獄界」と言われています。
では、極楽はどこにあるのかと言うと、この六道とは「別の世界」にあり、極楽はどんな世界化と言うと「阿弥陀様がおられる世界」となります。(正確には西方極楽浄土=阿弥陀如来、東方浄瑠璃世界=薬師如来などもある)

源信は現香芝市の阿日寺に生まれ、比叡山で修行し、良く出来た僧として今で言うとエリートコースを歩みますが、母の諌めにより名声を捨てて比叡山の横川に身をおき、「往生要集」を執筆します。
現在、源信はあまり有名な僧侶ではありませんが、源信がいなければ今の浄土宗も、浄土真宗も、親鸞も法然も無かったと言っても過言ではない日本仏教の恩師だと思います。

往生要集とは、(かなり大雑把ですが)天から地獄がある六道世界から抜け出して、阿弥陀如来の世界、西方極楽浄土に行く方法が書いてある書物です。

これが當麻寺で行われる「當麻寺練供養(聖衆来迎練供養会式)」で、往生要集を視覚化したものと言われています。
ここ當麻寺は中将姫のお寺なので、中将姫が現世から極楽浄土に旅立つとなりますが、本来はすべての民衆が救われるというお話でもあります。(このあたりの解釈は少々異説諸説がたくさんあります)

ご存知のとおり中将姫は継母の仕打ちを悲しみ、この現世においても地獄のような苦しみであったのでしょう。
だからこの現世から抜け出し、地獄のある六道から別世界である「極楽浄土」への旅は、とても幸せに満ち溢れた旅なのでしょう。

香芝市の阿日寺
阿弥陀如来の「阿」と、大日如来の「日」をとって、阿日寺と言います。

P1010636のコピー

本堂内の安置された本尊阿弥陀如来と恵信僧都・源信像(特別撮影許可済)

P1090442のコピー

當麻寺練供養会式から
観音菩薩が蓮台を掲げて中将姫を救いに行くシーン。蓮台には誰も乗っていない。

P1090597のコピー

娑婆堂で中将姫を蓮台に乗せて、西方極楽浄土である本堂(極楽堂)に向かって進む。

P1090698のコピー

観音菩薩につづく二十五菩薩も西方からの光に包まれていました。

P1090755のコピー2

*資料画像
當麻寺護念院では法要に先だって護念院の本堂で法話があり、二十五菩薩面を着けさせていだだくことも出来ます。
画像は菩薩面の前に安置されていた中将姫様と菩薩面を着ける参拝者

練り

P1090469.jpg
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

きなこ : 2017/05/30 (火) 10:17:53

先日の深夜便聴きました。

又、奈良に行きたくなりました。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。