奥田の蓮取り行事

奥田の蓮取り行事
2017年7月7日撮影

奥田の蓮取り行事は奈良県の無形民俗文化財にも指定される伝統行事
およそ600年前と言われるその歴史は室町時代まで遡ることができるそうです。
また、ここ奥田の地は役行者のお母さまので刀良売(とらめ)が住んでいたとされ、さまざまな伝承もあるそうです。

毎年7月7日に行われる吉野・金峯山寺で行われる蓮華会(蛙飛び)にて奉納される蓮を取られるのがこの弁天池(現:捨篠池)です。

午前10:00
捨篠池で法要が始まります。

D72_1096のコピー

捨篠池に船を浮かべて蓮を取られますが、今年は成長が良いのか船が中に入ってしまうと全く見えなくなりました。
唯一全体が見渡せる西側からのカット

D72_1117のコピー

その後、善教寺で出発式があり、行者堂に置かれていた蓮を役行者のお母さんである刀良売の墓を参拝されます。
写真は行者堂出発される場面

D72_1178のコピー

墓参拝の後、捨篠池横にある弁天神社で大護摩供が行われます。
特に宝剣が良かったなぁ

D72_1227のコピー

D72_1252のコピー

前述のとおり、午後からは捨篠池で取られた蓮を持って吉野山に向かわれます。
ここで大護摩供まで拝見していると、蛙御輿の出発には間に合いませんね。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: