大保八坂神社の宵宮(三角跳び)

2017 年10月8日撮影
奈良市大保八坂神社の宵宮祭(三角跳び)
奈良市の東山中には秋祭りに田楽を奉納される神社が数多く残されていて、ここ大保八坂神社もそのひとつである。
今日はその宵宮祭で奉納される「三角跳び」を拝見しました。

午前中は宵宮祭の準備。
社務所の中で神事に使用される「御幣」が作られていました。

D72_6156のコピー

御幣が出来上がるとお餅付きです。
こちらでは準備であってもちゃんと衣装を着て、楽器で囃したてながら行われています。

D72_6235のコピー

搗き立てのお餅を丸めています。なんだかとっても楽しそう。

D72_6244のコピー

昼食をはさんで、いよいよ本番。
神社を後にして宮司(村神主・老主)を先頭に神社のまわりを「オワタリ」します。

D72_6262のコピー

D72_6268のコピー

そして拝殿に戻り、「三角跳び」です。
三角跳びは老主や総代、オワタリ衆らが円になって座り、オワタリ衆がひとりずつ中央に進みます。
手に扇を持ち、床を払うように清められています。

D72_6318のコピー

そして楽器を中央に置き、楽器の本殿側に立ち、右後ろ、まっすぐ左、そして右前にぴょん、ぴょん、ぴょん、と三回で右回りに一周し、それを三回繰り返して、一回戻り、楽器を鳴らして終わります。

D72_6557のコピー

その他の民俗行事と同様、詳しい歴史がわからないのですが、下がり藤の家紋を使っていることから、奈良の春日大社系の田楽が伝承されたものであると思いますし、現在は使われていないのですが、奈良市の文化財に指定された能面も所蔵されているようです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: