吐山 下部神社の春祭り(御渡り・田植え祭・御田子)

2012年4月29日

奈良市東部の山間の吐山にある下部(おりべ)神社と恵比寿神社で春祭りが開催されました。
この春祭りは大変珍しいというか、不思議というか・・・
一つの祭りにいろんな要素が入っています。
タイトルにあるように、御渡りがあると思えば、御田植祭もあり、はたまた的打ちもあって、盆と正月が一緒になった
ようなお祭りです。

祭典は下部神社の御渡りから始まります。
なかなか本格的な行列で、①竹を持った「警護」②金の棒を持った「金棒」③大きな旗を持った「神号」④「祓戸」
⑤「御幣」⑥子供5人の「神子(かんこ)」⑦「宮司」⑧「槍」⑨「薙刀」⑩大人5人の「式士」⑪鎧を着た「具足」
⑫的板持ち⑬御田子⑭赤い服の子供「的打ち」⑮御渡りを清水で清める役の「修祓」⑯矢拾い⑰竹を持って最後を
務める「警護」の総勢35名の大行列です。

まずは、下部神社の境内でお祓いを受けます。

DSC_6684.jpg

御渡りは下部神社を右手に出て、恵比寿神社を通過、小学校の先を左折、国道に出て吐山の交差点も過ぎて左折、
神社境内横に流れる小川脇を通って、下部神社でUターン。
吐山の交差点を過ぎたところで、恵比寿神社に向かって右折、恵比寿神社から下部神社に戻るというコースです。

神子も神輿を担いで御渡りに参加します。
どこの村や町でも少子化でなかなか子供が居なくて存続が難しいと聞いていますがここはまだまだ大丈夫かな。

DSC_6694.jpg


御渡り全体の写真は国道やカードレールがあって、どうかな~って感じですが、小川脇はのどかな雰囲気があります。

DSC_6699.jpg

下部神社の戻ると、いよいよ田植え祭です。
牛役は居ないし、田起こしもありません。
が、小さな子供さんが苗(杉)を田に見立てた場所に投げ込むと、鍬やマンガを持った式士が田を耕したり
田んぼをならしたりと順序も関係なく一気に行われます。この作法を3回繰り返して無事に田植え祭は終了。
その後、恵比寿神社でも同様の作法が行われました。

DSC_6724-2.jpg

2ヶ所の田植え祭が終わると、的打ちです。
私の知る限りでは他の地区の的打ちは正月の行事であって、御田植祭とはちょっと意味合いが違うような気もしますが、
長い年月の中で合理化されたのかも知れませんね。

的打ちは3ヶ所で、それぞれ3回づつ矢が放たれます。
本物の?矢で、先には鉄製の矢じりが付いていました。子供だから子供用、じゃないところがいいですよね。

DSC_6743.jpg

最後は御供撒きです。それもかなり大量のお餅が撒かれました。
私もちょっぴり福を戴こうと、撮影しながら飛んできたお餅を2個いただきました。
おいしくいただくことにいたします。

DSC_6769.jpg


スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: