阪原 長尾神社のジンパイ(神拝)

2017年10月8日撮影 
奈良市阪原の長尾神社のジンパイ(神拝)

東山中の一部でもある阪原は近鉄奈良駅から柳生の里に向かう途中にある集落です。
その阪原の長尾神社では秋祭りにジンパイ(神拝)と呼ばれる田楽のような所作が面白いですね。
神社を後にして、御輿は旧社地とも推測される南明寺の境内までオワタリをされます。

D72_6567のコピー

D72_6585のコピー


そしてジンパイ(神拝)をされるのですが、これがまた特色があって、両手を広げ、バタフライのごとく前にぐるっと腕を回します。

D72_6619のコピー

腕を前に回してぐっとチカラを溜め込んだら、これを反対に後ろ側から前に、まるで背伸びをするような仕草でいっきに伸び上がるのです。

D72_6627のコピー

奈良の東山中における田楽系の所作はたくさんありますが、この所作をされるのはこちらだけのように思います。
手に持っている楽器類は同じような感じなのですが、地域によって伝承が少しずつ変化しているのでしょうか。

またこちらではスモウの奉納もあるのですが、両手でお尻を叩きながら後ろ向きに進むとか、これもかなり特色がありますね。

D72_6694のコピー

D72_6699のコピー

ひととおりの奉納が終わると、元の長尾神社に戻り、境内の拝殿(または能舞台)で同じ所作が行われます。

D72_6763のコピー
D72_6782のコピー

D72_6837のコピー

今回はメインテーマではなかったので写真は割愛しましたが、お御輿も出て、子どもさんらも参加するなかなかにぎわっていました。また、お祭りの最後には参拝者におでんやオニギリが振舞われており、少し冷えた身体に美味しくいただきました。

D72_6905のコピー
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: