興ヶ原・天満神社の翁舞

2017年10月14日撮影 興ヶ原・天満神社の翁舞

今回撮影させていただいた興ヶ原を含む東山中には秋祭りに翁舞や田楽を奉納されている地域がある。
興ヶ原の翁舞は邑地の翁舞とともに奈良市月ヶ瀬桃香野の相知喜惣治氏から伝授されたといわれている。相知氏は金春流の中山万治郎氏から翁舞を伝授されたという。(『奈良県の民俗芸能―奈良県民俗芸能緊急調査報告書―』平成二十六年発行より)

翁舞は天満神社の秋祭りに奉納されますが、その奉納に先だって、白い衣笠に隠されて本殿から御輿にご神体が遷しされます。

D72_7461のコピー

D72_7466のコピー


拝殿で祝詞奏上や玉串奉奠が終わるといよいよ翁舞です。
翁舞は「式三番翁舞」ですが、、翁(白式尉)のみが登場する「ひとり翁」と簡略化されているようでした。

D72_7501のコピー

D72_7535のコピー

D72_7596のコピー
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: