丹生・丹生神社のヨコトビとスモウ

2017年10月21日撮影 丹生・丹生神社のヨコトビとスモウ

奈良市の東側の山間地には秋祭りに田楽と思われる所作をともなう祭典が多くみられます。
ここ丹生の丹生神社では「ヨコトビ」と称する三角跳びや「スモウ」(相撲)が奉納されます。
本年(2017)は秋雨前線と台風の影響もあり、小雨ではありましたが、集落の方々の参拝も多く、地域に根ざした祭典であるように感じました。

社務所での祝詞奏上が終わると、宮司ほか渡行人(トギョウニン)が舞殿にあがり、時計回りに三週されます。
途中から渡行人らが楽器を奏しはじめ、笛が「ヒュー、ヒュー、ヒュー、ヒュー、ピー」と五音を鳴らし、鼓・太鼓が「トン、トン、トントントン」と応じると、観客から「ヨーイトコリャッ」とかけ声がかかっていました。

D72_7749のコピー

宮司からの「ヨコトビ神事をはじめます」という合図ののち、渡行人のうちから、ササラ・鼓・太鼓の三名によりヨコトビが行われます。ヨコトビはまず楽器を舞殿中央に置き、扇を最初は小さく、だんだんと大きく振りながら周りを三周します。

D72_7759のコピー

そして楽器を中心に時計周りに三周、ピョンピョンピョンと跳んで元の位置に戻り、最後に左右に反復横跳びをして終了です。

D72_7788のコピー

D72_7789のコピー

扇で風を起こす所作の途中には、まわりの渡行人らが邪魔をするのですが、楽器が倒れたり動いたりすると、最初からやり直しとなり、それら一連が境内を大きく沸かせていました。

D72_7799のコピー

スモウの神事においては他の地区では取り組むポーズだけでの所作が多い中、こちらでは途中までは真剣勝負です。
途中までという表現の意味は、笛二と笛三が、笛一による行司のもとでスモウをとるのですが、カならず笛三が負けることに決まっているということです。よって負けるには負けますが、そう簡単に負けてやらないということでしょうか。ここでも境内を大きく沸かせていました。

D72_7823のコピー

D72_7839のコピー

D72_7847のコピー
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: