FC2ブログ

薬師寺花会式(修二会)結願

薬師寺花会式(修二会)結願
2018年3月31日撮影
修二会とは奈良の大寺が国家の繁栄と五穀豊穣、万民豊楽などを祈る春の行事です。修ニ会とある通り、この法要は2月に行われるのですが、薬師寺の場合は旧暦の2月末に行われていた事から、そのまま新暦に直して3月25日から3月31日にかけて行われています。春先に東大寺に修二会お水取りという俗称がついたように薬師寺修二会には十種の造花がご本尊に供えられるところから「花会式」と呼ばれ、「奈良に春を告げる行事」として親しまれています。花会式(修二会)に参篭する僧のことを「練行衆[れんぎょうしゅう]」と言い、最終日の3月31日の夜には「鬼追式[おにおいしき]」が法要の結願[けちがん]を飾ります。(薬師寺ホームページから)

D72_3552のコピー

D72_3573のコピー

D72_3684のコピー

D72_3687のコピー

D72_3755のコピー
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: