スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久米寺 練供養 レンゾ

2012年05月03日

ゴールデンウィークは社寺をはじめ各地域での行事が目白押し。よって、撮影日が少々ずれておりますがご容赦ください。

さて、今回は久米寺の正式名「二十五菩薩練供養法要」ですが、別名を「久米レンゾ」とも呼ばれています。
不思議に思うのは、一般的に「レンゾ」は農業を休む日で何かを持ち寄って食べたり飲んだりといった、どちらかというと、
農村のお祭りではないかと思うのですが・・・

それはそれとして、練供養は本堂側からのスタートではなく、合唱之道場から始まります。
錦旗を先頭に、檀家さんや行者さん、稚児行列があり先頭集団の最後は住職さんでしょうか。

DSC_6940.jpg

僧侶に続いて、二十五菩薩が現れました。
先頭は観世音菩薩、手に持つ仏像を左右に大きく救い上げながら前に進みます。

DSC_6946.jpg

アップで撮りたいと思って、見上げるように撮影しましたが、空の部分が多すぎて背景が飛んでしまいました(失敗作)

DSC_6925.jpg

僧侶らは多宝塔の前あたりで止まり、経は読みあげられ散華がまかれました。
僧侶の中には、取れないでいる方に直接手渡しされる方も・・・

DSC_6919.jpg

法要が行われている横では参加された御稚児さんに、お浄めをされていました。

DSC_6974.jpg


法要が終了した時点で、御供撒きがありました。
お寺の行事で御供撒き?なんて思いましたが、レンゾという農村のお祭りと仏教が結びついた行事なんでしょうね。

《撮影メモ》
三脚、脚立が禁止になっていませんでした。
広い境内ですので沢山の参拝者がおられますが、比較的自由に移動も出来ます。
しかし、二十五菩薩を正面から撮るなら、脚立で少し上に上がって、少し長めのレンズがあるといいですね。





スポンサーサイト

この記事へのコメント:

米山多希子 : 2012/05/06 (日) 07:39:04

高僧のような方が檜扇を持っておられるのですね?!子どもさんてとってもかわいいのですが後姿もこんなにかわいいのですね、さすがです。

とやまん : 2012/05/07 (月) 00:02:05

いつも見て頂きありがとうございます。
稚児さんもそうですが、小さいお子さんの正面アップは一般の目に触れるブログではちょっとなぁと思った次第で・・・まぁ、功を奏したということでしょうか。
腕は大したことはありません。モデル9割、腕1割ですよ。(^o^)

管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>まとめtyaiました【久米寺 練供養 レンゾ】 from まとめwoネタ速neo
2012年05月03日ゴールデンウィークは社寺をはじめ各地域での行事が目白押し。よって、撮影日が少々ずれておりますがご容赦ください。さて、今回は久米寺の正式名「二十五菩薩練供養法 >>READ

2012.05.06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。