FC2ブログ

奈良大文字送り火

2018年8月15日撮影
大文字送り火といえば京都が有名ですが、奈良でも実施されていて例年曜日にかかわらず8月15日がその日です。
昭和30年代に始められたこの祭典は戦没者の慰霊とあわせて世界平和を願う行事であり、宗派を問わず奈良の社寺の僧侶や宮司が合同で実施されるということです。
法要は春日大社近くの飛火野で行われますが、写真を撮るとなると一番人気が浮見堂。
でもかなり混雑して強者は早朝から三脚で場所取りされるそうなので、今回は平城宮跡から朱雀門を前景にして撮ってみました。

D72_7797conp1のコピー700
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

omachi : 2018/08/31 (金) 01:28:23

歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。

管理人のみ通知 :

トラックバック: