FC2ブログ

大塔 篠原おどり

2019年1月20日撮影 大塔 篠原おどり

大塔は2005年に五條市に編入されましたが、それまでは吉野郡大塔村と呼ばれている南部地域の山村です。
五條市から国道168号線を南下し、大塔道の駅を過ぎると、大塔温泉夢の湯がありますが、そこを左折し、さらに15KMほど進んだところにあり、地元の方には恐縮ですが、秘境といっても差支えない集落です。
そのような集落ですので、住民は全員で10名とのとこ。なのでこの篠原おどりの実施においてはお仕事やその他の理由で篠原から出られた方も保存会に入りこの踊りが継承されているそうです。

今年はあいにくの天候で天満神社で実施されず、同集落のお寺の中で行われました。

あいにくの天候ではありましたが、その分、美しい山村の風景が広がっています。
XE033876のコピー

篠原おどりは前列の男性の太鼓おどりと、女性の手踊りで構成されています。
XE033915のコピー

XE033961のコピー

次回は少し勉強してから行かないとだめですね。篠原おどりの特徴が分からないので、ただただ撮ってしまいました。
XE033966のコピー

スポンサーサイト



この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: