天河大辨財天社のおんだ祭(お田植え祭)

5月27日撮影

天川村の天河大辨財天社でおんだ祭(お田植え祭)が行われました。
ちょっと訳ありで、終了間際になっての到着であまり撮影ができておりませんのでご了承ください。

天河大辨財天社は飛鳥時代の昔にさかのぼり、最高峰弥山の鎮守として祀られたのが始まりだそうです。
また、古くから能楽・芸能の神様としても知られる神社です。

奈良盆地で広く行われる「おんだ祭・御田植祭」ですが、そのような理由からか、ここのおんだ祭(お田植え祭)は
少し変わっていました。

まず、本殿で「おんだ祭報告祭」が行われた後、兵庫商業高等学校龍獅團の卒業生による獅子舞が奉納されたそうです。
その後、神田で植え付けの儀があります。
一般的なおんだ祭は、面を冠った牛や田人が登場しますが、ここは本物の苗を早乙女らが植えていきます。
(実はここで、到着しました)

DSC_7714.jpg

勇壮な獅子舞(蛇踊り)を披露してくれた卒業生

DSC_7729.jpg

そして最後に参加者全員が空に風船を飛ばします。

DSC_7732.jpg

ここの早乙女さんらは、募集をされるそうです。
つまり、地元の方ではなく信者さんでしょうか。
お田植えの疲れも、空いっぱいに登っていく風船を見上げながら、晴れやかな笑顔でした。

《撮影メモ》
先に到着していた写友さんの情報では、10時くらいから始まったとのこと。
普段は写真不可だけど、このおんだ祭だけは撮影OKだそうです。
神田はそう広くありませんが、逆に背景の処理が難しいですね。
それと、地元のお祭りという感じはないです。

地元を感じたのは、早乙女さんが植えられた苗を植えなおされていたお母さんだけかな。

DSC_7728.jpg

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: