スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御杖神社 祇園祭

2012年7月15日撮影

一般的に祇園祭といえば、京都の八坂神社のお祭りだと思われるでしょう。
そして、良くご存じの方であれば、祇園祭は「疫病除け」であり、どちらかと言えば都会の祭事であるとおもわれるでしょう。
そんな祇園祭ですが、御杖村の御杖神社で祇園祭が行われるとうかがって、早速拝見しに行かせていただきました。

午後7時過ぎという情報で到着が6時半頃
役員さん(当屋さん達)が、ご祈祷の受付やお神酒の接待を始められていて、境内に作られた茅の輪をくぐって
お参りされる方が少しずつ増えていきます。
*左手にある釜は、湯立てに使うお湯を沸かされていました。

DSC_9970.jpg

午後7時半頃、あたりも暗くなって来た頃、拝殿祭が執り行われます。
正面に並ぶ若者が、当屋さん達。
通常、当屋さんというとどこの町や村でも、一人または一軒というのが多いですが、ここは4人おられて
グループで当屋をされているとの事でした。

建築年を伺わなかったのですが、まだ新しそうな感じで、とても立派な拝殿です。
また、写真撮影はいたしておりませんが、献撰の量は半端ないくらい豪勢でした。
村民の崇敬を感じた一瞬です。

DSC_9985.jpg

拝殿祭が終わると、境内で「湯立の神事」が執り行われます。
ここの湯立神事は神様に対する清めや、神域の清めという事ではなく、参拝者を直接?清めて頂く作法です。
受付でご祈祷の申し込みをされた方がマイクで呼ばれ、呼ばれた方に向かって、宮司が熱い熱い熱湯を
笹の葉を使って、思い切りかけます!
他の神社で同様の所作を拝見したことがありますが、豪快さでは右に出る湯立を見たことがありません。

DSC_0024.jpg

私も湯立の神事を撮影させていたこうと、前に出ますが、これが熱い!
やけどをする程ではありませんが、ちょっとびっくりしました。
また、水滴が大きい、近いとか笹の葉というのもその理由かも知れませんが、いすれにせよ大粒の大雨状態です。
*白く光って見えるつぶつぶ(オーブ)が、湯立の水滴です。

DSC_0042.jpg

熱いお湯を浴びる、湯立の神事ですが、子供たちは楽しそうでしたが、頭から服もびしょ濡れでした。

DSC_0019.jpg

《撮影メモ》
一部の情報では7月14日の開催となっていたようですが、23年度から海の日の前日の日曜日になっているそうです。
来年行かれる方はご注意ください。
知りませんでしたが、拝殿横に湯立の神事について、ご紹介が書いてあり、それによれば古くは「盟神探湯」と呼ばれた
由緒正しい神事だそうです。
また、茅の輪くぐりは本来6月30日に行われる「大祓」で、大宝律令に定められた年中行事だそうです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。