鴨都波神社 ススキ提灯

2012年7月16日撮影

南は奈良県の新庄町から五條市にかけての多くの神社で、夏と秋のお祭りに「十二振提灯」と呼ばれるものが奉納されます。
中でも有名なものが鴨都波神社・ススキ提灯献灯行事で、奈良県の指定無形民俗文化財にも登録されています。

(鴨都波神社HPより)
地元では「鴨の宮」で知られ、旧御所町及び近隣の五つの地区(東松本、竹田、南十三、蛇穴、元町)の氏神と
して崇敬されている鴨都波神社で行われている献灯行事。夏祭り(7月16日)と秋祭り宵宮(10月体育の日の
前々日の土曜日)に、五穀豊穣・家内安全・無病息災を祈願し、氏子地域から「ススキ提灯」と呼ばれる30基余
りの提灯が奉納される。
「ススキ提灯」とは、2間半(4.5m)ほどの竹製の支柱に横木を4本通し先端から紐で連結し、高張提灯を上
から、2・4・4の合計10張を三段に組みたてて、先端部に御弊を施したものである。県内においては、稲積み
の形をススキまたはスズキと称するところは多いが、当社行事では「稲穂そのものの形」がススキ提灯の形と
伝えられている。

夕闇がせまる午後7時頃、近隣の町内から30基を超える十二振提灯が公園に集合し、若衆の伊勢音頭をきっかけに
神社までを練り歩きます。

DSC_0066-2.jpg

境内までの道のりは30分少々だと思いますが、近くの川沿いから商店街を抜けて境内に入ります。
境内ではあらかじめ決められた順序で各町内の若者が、提灯を振り回したり、片手で持ち上げたり、中には頭に乗せる強者も!

DSC_0146.jpg

DSC_0199.jpg

最後は鴨の宮若衆のパフォーマンス。
さすがは、若衆に任命されただけあって、その勢いはスゴイの一言。
ブンブン、振り回す!投げる!などなど、拍手喝采を浴びていました。

DSC_0267.jpg

最後は本殿前で巫女さんに鈴でお祓いをしていただき、お祭りは無事終了となりました。

DSC_0288.jpg

なお、鴨都波神社では最初の案内のとおり、秋祭りでも同様の十二振提灯が奉納されます。
無形文化財にご興味がなくても、写真撮影しなくても十分お楽しみいただけますし、夜店もいっぱいでますよ。
ぜひ一度、ご覧ください。おすすめです。

《撮影メモ》
境内でのパフォーマンスは、すべてマニュアルで
ISO 3200 ss 1/15 f 4.5 前後で撮影しました。
明るいレンズがあるといいですね。
三脚は禁止です。
今回は、パフォーマンスの背景に、出番待ちの十二振提灯を入れたかったので、境内の西側からの撮影でしたが、
どうしても、単調になりがちです。
30団体程ご出演になりますので、5団体ごとにあちこちから狙うともう少しバリエーションが出来たかもですが、
なかなか思うように移動できないかも知れませんね。

おまけ画像は、地元の小学生の巫女さん
カワイイ笑顔で撮影に応じてくれました。

DSC_0277.jpg
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: