スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葛木御歳神社 夏越大祓式

2012年7月29日撮影

御所市にある葛木御歳神社で夏越大祓式が執り行われました。
県内の夏越の祓いは6月30日が一番多くて、東大寺の解除会が30日、そしてここ葛木御歳神社の29日が最後かと思います。

ここの夏越大祓式は他の神社と少し違っていて、「茅の輪くぐり」がありません。
その代り、色んな場面で興味深い所作があります。

「どん、どん、どん」と太鼓の「音」で、神事が始まります。
そして、普通なら拝殿から本殿に向かって始めるはずの祝詞奏上が、ななめに向いて奏上されました。
これは参拝者の宣(の)る形で、神前ではないとのことでした。

DSC_0898.jpg

次に、絹の布と木綿の布を八つに切り裂き、その「音」で参拝者を清められました。
その布のことを正式には、和妙(にぎたえ・絹)と荒妙(あらたえ・木綿)と言われ、真横に一気に切り裂かれます。

DSC_0903.jpg

また、鈴の「音」で、参拝者をさらに清められます。

DSC_0912.jpg

太鼓から始まり、「音」「音」「音」が清めの中心になっていて、非常に珍しい作法でした。

その後、境内では竹を3メートル四方に立てて結界された中で、紙の人形がお焚き上げされました。

DSC_0957.jpg

《撮影メモ》
今年も沢山の「夏越の祓い」を拝見しましたが、茅の輪がないのはここだけであったことも含めて、貴重な体験でした。
また宮司さんには、色々と教えていただき誠にありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

行事の情報!
宮司さんから、新嘗祭の情報をいただきました。
日時は11月23日で、今回は韓国の民俗舞踊の奉納を計画しているとの事でした。
お時間のある方は、一度ご参拝をおすすめします。静かなとってもいい神社です。


スポンサーサイト

この記事へのコメント:

koza : 2012/08/01 (水) 17:42:34

全部を読んだわけではありませんが、ていねいな写真と記事が気に入りました。
これから、楽しみに読ませていただきます。

とやまん : 2012/08/01 (水) 18:34:26

Kozaさん コメントありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。