大峯山洞川温泉 行者祭(2日目)

2012年8月3日撮影

天川村の洞川温泉では役行者が冤罪での島流しからお帰りになったことを祝って出来たと言われる行者祭が行われます。
行事は2日間にわたって行われますが、今回は2日目を拝見しました。

夕暮れの午後6時45分から、ひょっとこ踊りが始められ、つづいて阿波踊りが披露されました。
(投稿点数が多くなるので割愛します。

午後7時には、西浦清六さん前で行者さんによる「鬼の宿・御神火のお勤め」が厳修されました。

DSC_1117.jpg

その後、行者さんらは温泉街をほら貝を吹き鳴らしながら、龍泉寺まで練り歩きます。

行者さんの後には、鬼踊り行列が続きます。

DSC_1207.jpg

途中、鬼行列のメンバーで太鼓が打ち鳴らされます。
2~4名で叩くバチさばきが素晴らしい、なかなか気合の入った見事な演舞です。

DSC_1244.jpg

行列がすべて終了後、龍泉寺では行者さんによる御礼護摩が行われます。
これだけの行者さんが揃うと見事ですね。

DSC_1316.jpg

《撮影メモ》
来年もまた来たくなるそんな行事でした。
ひょっとこや、阿波踊り連、その他地元の若者もたくさん行事に参加していて、見どころ、撮影ポイント満載です。
もう、いそがしい。いそがしい。

行事がすべて終わる9時過ぎ、花火が上げられました。
祭りの余韻を楽しむかのように、赤く燃える夜空を眺めていました。

DSC_1396.jpg

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: