スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川西町 八ヶ郷の墓会式

2012年8月11日撮影

墓会式は盂蘭盆の行事。地元では単に「墓会(はかえ)」と呼び、お墓参りとは思えない盛況です。
八ヶ郷は川西町結崎郷の井戸・中村・辻・市場の四ヵ村と保田・唐院及び、三宅町域に属する屏風・伴堂・黒田・但馬・小柳)の八つの郷の事で、タイトルは中心となる川西町の安養院の場所を示したものです。

夕闇の迫る18:30頃から地元の方が、墓地の中心にある供養塔の周りにロウソクに火を灯していきます。

DSC_1645.jpg

供養塔の周りのロウソクがすべて灯された頃、僧侶が読経しながら供養塔の周囲を3回まわります。
(当日は少し雨が降ってしまいました)

DSC_1668.jpg

DSC_1751.jpg


同時に自家のお墓の周りに108本のロウソクが立てられ、これに火を灯されます。
当たり一面の墓所が火の海のようになり圧巻でした。また、こんなお墓参りは見たことがありません。正にカルチャーショックでした。

DSC_1690.jpg

DSC_1716.jpg

DSC_1755.jpg

《撮影メモ》
三脚禁止ではありませんが、夕刻から夜の撮影になるので、ちょっと遠慮したいところですね。
高感度撮影の手持ちで概ね対応可能でした。
また、全体を撮ろうとするなら、じゃまにならない程度に離れて脚立があるといいかも知れません。
若い女性やご家族連れの方々も多く、お墓の通路には屋台も出ていてお祭り気分です。
こんなに賑やかにしてくれたら、ご先祖さんも嬉しいかも知れませんね。

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

サルル : 2013/05/29 (水) 14:00:04

マニアック!

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。