スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山添村切幡 一万度ワーイ

2012年8月18日撮影

奈良県の山添村切幡に「一万度ワーイ」という行事があると聞いて、どんなお祭りかと興味深々。
神明神社で午前10時頃に始まるとのお話で、9時30頃に到着。
すでに数人の方が準備をされていました。
広くない境内の真ん中に榊が2本立てられていて、聞くとこの周りを数周回られると言います。

村の宮司さんから「さぁ、お願いします」と声がかかると、参集の皆さんが輪になって
「一万度ワーイ、一万度ワーイ、一万度・・・・」と、万歳しながら境内をぐるぐる回られます。
本殿に向かって右側の榊を中心に3周程まわり、それが終わると、そのまま左側の榊を中心に
さらに3周程回られました。

DSC_1927.jpg

境内での行事は10分くらいでしょうか、あっと言う間に終わります。
その後、会所の方に上がってお神酒と宮司さんが作って来られた赤飯を手に乗せて頂戴されます。

DSC_1953.jpg

お祭りは以上で終了ですが、それから世間話になり、お酒を召し上がる方やお菓子をいただく方、
それぞれ、色んなお話で盛り上がっていて、これはこれで皆さんの楽しみの一つ、お祭りの一部かなと感じました。

《撮影メモ》
宮司さんによれば「一万度ワーイ」は、風の祈祷とのこと。
つまり、台風などの大きな自然災害を避けるという意味と伺いました。
風の祈祷自体は、農村部で多くされている行事ですが、ここの所作は変わってますね。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。