スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良市 大柳生の太鼓踊り

2012年8月18日撮影

昭和53年に奈良県の無形民俗文化財として指定された「大柳生の太鼓踊り」が、後継者不足で今年限りとなりました。
存続して欲しいという声も沢山あるのでしょうが、難しい問題ですね。
以前はこの踊りは当屋さんの自宅でされていた時代があり、当屋さんの負担が大きくなり今のように広場で開催されるようになったとも聞きます。

時代にあわせて、やり方が変化しても仕方がありませんが、何とか復興して欲しいと思います。
今回が最後ということなので、いつもの掲載点数から少し多めになりました。
その分、コメントは少なくなっています。

DSC_1960.jpg

DSC_1966.jpg

DSC_2003.jpg

DSC_2105.jpg

DSC_2082.jpg

DSC_2143.jpg

DSC_2196.jpg

踊りが終わって、皆さんで記念撮影。
やりきった感じで、清々しい笑顔で溢れていました。

DSC_2223.jpg

今年が最後になるという事で、例年には無い打ち上げ花火がありました。
このカットは、その花火の最後のシーンです。

DSC_2235.jpg

《撮影メモ》
踊りが終わった直後、踊り手が集まって「大柳生!」「大柳生!」「大柳生!」と叫んでいました。
仕方がないとはいえ、無くなることの寂しさ。
それも自分の代でなくなる辛さが彼らを叫ばせたのかも知れません。
涙が出ました。またいつの日か、撮影できる日を楽しみにしています。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。