大和神社(おおやまとじんじゃ)の紅しで踊り

2012年9月23日撮影

大和神社で五穀豊穣を祈る秋の大祭が行われ、天理市無形文化財に指定されている紅幣(べにしで)踊りが奉納されました。
この踊りは江戸時代、干ばつに苦しむ農民が大和神社に雨乞いを行い、願いが成就し豊作となり、感謝の気持ちを踊りで奉納したと伝えられています。
祭りの発祥は調べられなかったが、一時途絶えていたものを、昭和30年代に女性だけで紅幣踊りが復活されたということです。

一般的に「しで」は、棒の先に細い布や木を薄く削ったようなものを想像しますが、写真のとおり赤く染められていて、「紅しで」となっているようですね。

まずは本殿で式典があります。

DSC_3993.jpg

境内には大きな太鼓が2台置かれていて、その周りにぐるっと輪になって踊られます。
左右に振り回したり、下からトントンしてみたり、女性的な動きが多いですね。

DSC_4014.jpg

少しだけ俯瞰(手を伸ばして)で撮影しました。

DSC_4034.jpg

《撮影メモ》
脚立があると良かったかなぁというのが実感!(来年は持っていきます)
踊りの時間は長くありません。だから、一度、立ち位置を決めると余程でないと、他の角度からの撮影は難しいでしょうね。

境内の萩が満開でした。

DSC_4049.jpg

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: