川合八幡神社 ヒキアイモチ行事

2012年10月7日撮影

「ヒキアイモチ行事」と、変わった名前の行事ですがお祭りの内容は多種多様でなかなか見応えのあるお祭りです。

祭りは、「水泥」「上奉膳」「下奉膳」「川合」の4地区から十二振提灯に灯りが点され、八幡神社に奉納されます。
十二振提灯は、各辻で休憩しながら、伊勢音頭が唄われます。

DSC_5618.jpg

そうこうしている内に各地区から出発してきた十二振提灯が合流してきました。写真は神社の南側に位置する「水泥」「上奉膳」「下奉膳」の十二振提灯

DSC_5645.jpg

境内に4か所の十二振提灯が奉納されました。
十二振提灯は所定の場所に立てられ、高張提灯だけ本殿に上げられます。

DSC_5687.jpg

本殿下の境内で相撲神事が行われます。
ただし、取っ組み合いをするのではなく、はっけよーいの後、二人は本殿に向かってバンザイされます。
この所作は3回行われますが、必ず1勝1敗1引き分けがそうです。

DSC_5707+1.jpg

いよいよ名前の由来となった「ヒキアイモチ行事」です。
ワラで作った袋状の「コグツ」と呼ばれるものに、お餅を80個入れ、本殿の上から下に転がします。
転がり落ちた「コグツ」はすぐに拾い上げられ、本殿に上げられます。
そして、また下に転がすということを3回行われます。

DSC_5714.jpg

次は転がり落ちた「コグツ」を子供たちが境内を引き回します。
このあたりの所作が名前の由来でしょうか。

DSC_5721.jpg

「コグツ」から餅が取り出され、子供さんに配られました。

DSC_5752.jpg

残った餅は各戸に分けられます。
「コグツ」には奉納日が記載された立札が掛けられ、拝殿に提げられます。

DSC_5788.jpg

《撮影メモ》
なかなかお得なお祭りでした。
十二振提灯の奉納をはじめ、相撲神事やヒキアイモチ行事とバラエティ豊かです。
今回はストロボが急に不調になってしまい。
肝心の相撲やコグツが上手く撮れなかったので、来年再チャレンジです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

田仲のぶゆき【葛地区自治会長】 : 2013/07/03 (水) 10:48:51

初めまして葛地区自治会長の田仲と申します。川合八幡神社のヒキアイモチ行事の写真を御所市制施行55周年記念事業の【幻想の灯】イベントにて使用したいのですがご了解頂けませんでしょうか?お手数かけますがまたご返事頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。

とやまん : 2013/07/04 (木) 22:50:36

田仲のぶゆき様 ご連絡ありがとうございます。イベントでの写真をご利用とのこと了解いたしました。どうぞご利用ください。
ただし、いくつかのお願いとご相談をいたします。
①撮影された写真には地元の方が写っています。祭りの参加者なので肖像権うんぬんには問題ないと考えますが、自治会としてご了解ください。
②ブログの写真データはブログようにデータを軽くしていますので、印刷やプリントには適しておりません。オリジナルデータが必要であればご連絡ください。
③印刷やプリントで写真データをご利用の場合は「撮影:藤山好典」をどこかに入れてくいただけるとうれしいです。

管理人のみ通知 :

トラックバック: