スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良豆比古神社 翁舞

2012年10月8日撮影

奈良豆比古神社は延喜式神名帳にある古い神社で、中央に奈良豆比古神、右殿に施基親王、左殿に春日王をお祀りされています。
そして、この翁舞の由来について神社の縁起によれば、春日王が病気になられた時に祈願の舞を奉納したのが始まりとされていました。
また、この翁舞は「国指定の重要無形民俗文化財」で、翁舞に使用される面は、普段は国立博物館に保管されるほどの貴重な面だそうです。

千歳の舞

DSC_6089.jpg

大夫の舞

DSC_6174.jpg

脇が面を付けて加わり、三人で万歳楽を舞う

DSC_6200.jpg

三番叟の前舞

DSC_6239.jpg

千歳と三番叟の問答

DSC_6253.jpg

三番叟の後舞

DSC_6274-2.jpg

《撮影メモ》
奈良豆比古神社の翁舞は国の指定だけあって、狭い境内は人で溢れかえります。
よって、ちょっとした望遠で人垣に間を縫うようにしないと撮れないですね。
あと、三脚・ストロボ禁止なので高感度に耐えるカメラも必要です。

出演者は全員素人の地元の方々、舞が始まるまで、準備してたかと思うと、いつの間にか着替えて、舞台で唄っておられる方もありました。
そんなことで、なかなか制約もあって難しい被写体ですが、その素朴な舞がこの翁舞の魅力だと思います。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。