2017薬師寺花会式

2017年3月下旬撮影 薬師寺の花会式

薬師寺の花会式を正式には「薬師悔過法要」といい旧暦の二月に厳修されることで「修二会」でもあります。
修二会というと「東大寺二月堂のお水送り」が連想されますが、あちらは「十一面観音」に祈るので「十一面観音悔過法要」といい、こちら薬師寺は「薬師如来」に祈るので「薬師悔過法要」といい、どちらも国家の繁栄と五穀豊穣、万民豊楽などを祈る春の行事です。

東大寺同様、堂内の写真撮影は出来ないので点描となりますが、今年は初日に行われる「柴燈大護摩(火渡り式)」も拝見することができました。

D72_6723のコピー

D72_6756のコピー

社参
D72_6860のコピー

D72_6870のコピー

D72_6907のコピー

D72_6936のコピー

稚児行列
D72_6963のコピー

奉納演奏
D72_7028のコピー

P1050678のコピー

結願法要・鬼追い式
P1080931のコピー

P1080961のコピー

P1080966のコピー

東大寺修二会2017

2017年3月撮影
東大寺修二会

東大寺の修二会は「旧暦の二月に修する法要」なのでこの名がついているようです。
正式には「十一面観音悔過法要」と言い、ご本尊の十一面観音菩薩に、懺悔することが本来の法要の意味です。
また「おたいまつ」や「お水取り」とも呼ばれていますが、どれも法要の一部分をとってそのように呼ばれているのでしょう。

本行と呼ばれる14日間の最初が「開白」です。
そしてそれはこの行事・法要の最初の中の一番最初という意味でお考えいただいても良いでしょうね。
まさに演劇で言うなら開演!出演者の緊張が高まります。

正式には練行衆と呼ばれる僧侶が整列して、その時をまっておられます。

D72_5334.jpg

食堂内で和上から受戒を受け(僧侶や童子以外は入れません)、いよいよ二月堂に登ります。

D72_5374.jpg

D72_5379.jpg

D72_5402.jpg

最近は良く知られてもいますが、お松明は14日間の毎日上げられます。
お松明はそもそも練行衆が二月堂に上がる際の道明かりとして照らされていたので、14日間の法要中は上るのですね。
出発地点である参籠宿所横から撮影してみました。

P1080384.jpg

階段には練行衆らが自らの上堂を待ちます。

P1040355.jpg

お松明は正面左側、屋根のある回廊を上がっていきます。
そして二月堂の舞台にその炎を見せるのです。ここが一般的に一番有名なシーンです。

P1040664.jpg

舞台に上がったお松明はそのまま火の粉を散らしながら、南側に走ります。
参拝者を埋め尽くす境内にも歓声と活気が溢れていました。

P1040455.jpg

さらに左右揃って火の粉を撒き散らすと、一斉のどよめきが二月堂を震わせます。

P1050115.jpg

このお松明を担いでおられるのは「童子」と呼ばれる皆さんで、これらの所作も世代交代をしながら受け継がれています。

P1040082.jpg

担ぎ方、廻し方など難しいのでしょうね。
このお松明を振るシーンは舞台に上がって間近で撮影させていただきました。

P1040199.jpg

以前は報道機関などが三脚を構えて長時間露光により光の道が出来た写真を良く見かけましたが、一般参観者は三脚禁止です。唯一認められているのが、二月堂の裏参道に近い第二拝観所と呼ばれる場所です。
ただし、ここからだと二月堂伽藍に大きな杉の木がお堂の正面に立ってしまうので、どうしても中央で切れてしまいます。

D72_5441-conp1のコピー

いよいよクライマックスに近づく12日は「籠松明」といって、普段より少し大きめに作られるそうですが、松明の先端に薄い板がつけられているのが特徴です。

D72_5996.jpg

そして12日の深夜、正確には13日の午前1時頃、二月堂前の井戸からご本尊にお供えする水を汲む行事があります。
この水を汲むという形から「お水取り」とも呼ばれる所以です。

D72_6102.jpg

D72_6175.jpg

そして満行となる14日のお松明は早く法要を終わりたいという気持ちの表れとして、次から次へとお松明が上がり、10本のお松明が二月堂の舞台に並び、一気に火の粉を撒き散らす壮観な場面を目にすることが出来ます。

P1080620.jpg

最初に書きましたが、この法要はお松明がメインではなく、練行衆と呼ばれる僧侶が、本尊の十一面観音菩薩に懺悔し、国家泰平・万民快楽を願う大変ありがたい法要です。
お松明で歓声を上げるだけでなく、堂内で行われている法要にも耳を傾けていただくのも良いですよ。

東大寺修二会「油はかり」

2017年2月18日撮影
東大寺修二会「油はかり」
2月18日は修二会で灯明に使用する菜種油の「油はかり」が行われる日です。
主役は堂司(どうつかさ)さん。(平衆をとりまとめて修二会全体を取り仕切る役です。)
修二会の行法中に堂内で使用される「油」を「はかる」日で、修二会の日程は曜日に関係なく行われるので、18日が土・日に合う日は会社員にとっては貴重な日となりました。
「油はかり」は二月堂の南出仕口で行われ、二月堂百人講の皆さんによって油が計られ、枡の後ろの黒い油壺に入れていかれます。
油壷は全部で三つあり、それぞれ一斗三升、一斗二升、一斗の油をはかり納めることになっているといいます。合計三斗五升。
油が壺に納めれられると封がされ、さらに油の量を書いた付け札がそれぞれに付けられ、本行がはじまるまで礼堂に置かれるそうです。

P1030978のコピー700

奈良豆比古神社 弓始

奈良豆比古神社 弓始
2017年1月22日撮影

県内各地で行われている「弓打ち神事」
地域によってその呼び名が変わり、「ケイチン」「ケチン」など様々な名称があり、また弓を四方に打つ、的を作って打つなど、少しずつその所作に違いがあるようですが、概ね悪魔祓いの神事であり、天下泰平・人民安穏・五穀豊穣などを祈願されているようです。

今回は奈良市の奈良豆比古神社の「弓始」を拝見しました。

D72_5191のコピー

D72_5223のコピー

D72_5231のコピー

平尾水分神社のオンダ(宇陀)

平尾水分神社のオンダ
2017年1月18日撮影

平尾のオンダは、宇陀市の平尾にある水分神社の御田植神事です。
行事としては宮司に続いて大当、小当らが瑞垣内に入り、祝詞奏上や玉串奉奠が行われますが、本殿が少し高い位置にあるので、その所作などは拝見できないですね。(写真もありません)

祭典は本殿前に仮設された舞台に太夫役の大当、小当、ショトメ(初乙女)らが上がります。
ショトメは本来小学生の男子と決められているそうですが、少子化の影響で女子や成人男性が代行されることもあるそうです。

大当が正面の神前に礼拝して「当年のしかんを申せば平成29年・・・・」と言えば、参拝者(氏子ら)が「ここちょうし」と合いの手がはいります。以降、鍬初之事、掛初之事、苗代角内之事、苗代しめる事、水入る事、水戸祭の事、福の種を蒔事、一番干の間に荢つむぐ事、二番干の間に春田打事、三番干の間にくだまき鳥追事、苗取之事、と続いていきます。

P1030211のコピー

P1030220のコピー

演目が御田植之事になると、舞台の後ろで控えていたショトメさんの出番となり鍬を担いだ太当を先頭に舞台を回ります。

P1030294のコピー

この御田植之事の終わりには小当さんが特徴的な「若宮さん」を抱いてケンズイ持ちとともに舞台に上がります。
「若宮さん」は能面をつけた体長50センチメートルほどの人形で、若宮さんに括り付けられた紙縒りを、体の不調な部分にこすり付けると快復するという伝承があります。

P1030335のコピー

祭典はその後、追苗取之事があり終了されました。
参拝者らには甘酒も振舞われ、冷えた体を温めてくれます。

<<PREV | | NEXT>>