薬師寺花会式(修二会)結願

薬師寺花会式(修二会)結願
2018年3月31日撮影
修二会とは奈良の大寺が国家の繁栄と五穀豊穣、万民豊楽などを祈る春の行事です。修ニ会とある通り、この法要は2月に行われるのですが、薬師寺の場合は旧暦の2月末に行われていた事から、そのまま新暦に直して3月25日から3月31日にかけて行われています。春先に東大寺に修二会お水取りという俗称がついたように薬師寺修二会には十種の造花がご本尊に供えられるところから「花会式」と呼ばれ、「奈良に春を告げる行事」として親しまれています。花会式(修二会)に参篭する僧のことを「練行衆[れんぎょうしゅう]」と言い、最終日の3月31日の夜には「鬼追式[おにおいしき]」が法要の結願[けちがん]を飾ります。(薬師寺ホームページから)

D72_3552のコピー

D72_3573のコピー

D72_3684のコピー

D72_3687のコピー

D72_3755のコピー

喜光寺 雲中供養菩薩像開眼法要

喜光寺 雲中供養菩薩像開眼法要
2018年3月2日撮影

3月2日の行基會大祭の折に雲中供養菩薩像の開眼法要を本堂にて厳修されました。
雲中供養菩薩像とは、飛雲に乗って奏楽・歌舞・散華・合掌などの供養の形を取り、阿彌陀佛を天上より讃嘆される菩薩をいいます。

また法要の後、おぜんざいのおふるまいや講談の御奉納などもありました。
写真は時間列で掲載しています。

D72_2621のコピー

D72_2635のコピー

D72_2814のコピー

D72_2852のコピー

D72_2878のコピー

D72_2916のコピー

D72_2928のコピー

二月堂修二会 社参・暇乞い

2018年2月15日撮影 二月堂修二会 社参・暇乞い(いとまごい)
2月20日から始まった試別火(ころべっか)は言わば本行までの間の準備でもある。
そして今日で準備の準備が終わり、明日からは惣別火(そうべっか)という段階に移る。
そして惣別火に入ると練行衆は戒壇院から一切の外出は許されない。
なので今日25日は社参をし、暇乞いと称して自坊への帰宅が許される最後の日となるのです。

戒壇院にある別火坊から出る練行衆ら

D72_2120のコピー

大仏殿の東側を登ってゆく練行衆

D72_2133のコピー

大仏殿前で一礼

D72_2144のコピー

天皇殿で待つ古老に暇乞いをする練行衆

D72_2154のコピー

D72_2168のコピー

D72_2173のコピー

社参が終わり、開山堂前で再集合の声が出て練行衆らは一時帰宅が許される。

D72_2184のコピー

小泉神社 御田植祭

2018年2月12日撮影 小泉神社 御田植祭
今日2月12日は奈良県内で多くの「御田植祭」「オンダ祭」が行われる日です。
有名な行事では河合町の広瀬神社のおんだ祭である「砂かけ」が知られるところで、砂を雨とみたててたくさんの砂が舞うことが豊作になると言われています。
小泉神社の「御田植祭」も一種の「砂かけ神事」であり、牛に砂をたくさんかけることが豊作になると言われています。
ただし小泉神社は砂を掛け合うという感じではなく、参拝者が牛に砂をかけるということになっています。

行事は巫女さんの奉納舞から始まります。地元の女の子でしょうね。

D72_1772のコピー

御田植祭神事は、まず草刈から始まります。

D72_1776のコピー

そして鋤(すき)で畦を作ります。

D72_1781のコピー

鍬(くわ)で田んぼや畦を耕します。

D72_1786のコピー

畦に豆を撒きます。(畦豆ですね。)

D72_1804のコピー

そして牛の登場。
牛と牛使い、農機具を操作する農夫が忌竹に囲まれた田んぼを起こし鋤いていきますが、その時参拝者らが牛に雨をイメージしながら砂をかけていきます。

D72_1815.jpg

牛の所作が終わると農夫がモミを撒いていきます。

D72_1917のコピー

最後は早乙女に扮した、巫女さんが田植えをします。

D72_1951のコピー

このあと、境内では御供まきが行われますが、ここの特徴は「餅」以外に「みかん」も撒いてくれるのですね。

興福寺追儺式(節分)

2018年2月3日撮影 興福寺追儺式(節分)

D72_1722のコピー

D72_1727のコピー

<<PREV | | NEXT>>